運命のドラフトまであと3日 12球団の補強ポイントを分析、1位指名は誰? | NewsCafe

運命のドラフトまであと3日 12球団の補強ポイントを分析、1位指名は誰?

スポーツ フルカウント
高校生で注目が集まる藤原恭大・吉田輝星・根尾昂・小園海斗(左から)【写真:荒川祐史】
■吉田をはじめ、根尾、藤原、小園らが高校生ドラ1候補

 クライマックスシリーズ(CS)が終わり、熱いポストシーズンの戦いも日本シリーズを残すのみとなったプロ野球界。この時期のビッグイベントといえば、CS、日本シリーズ、そして、ドラフト会議だろう。今季は日本シリーズ第1戦の2日前、10月25日に都内のホテルで実施される。

 今年の最大の注目は、甲子園で準優勝し“金農旋風”を巻き起こした金足農の吉田輝星投手だろう。当初は大学進学と見られていた進路だったが、甲子園での快進撃、侍ジャパンU-18での活動などを経て心境に変化が生じ、プロを目指すことを決断。競合は必至と見られているが、果たして、何球団が吉田を1位で指名し、どこが交渉権を獲得することになるか。

 吉田の他にも大阪桐蔭の根尾昂内野手、藤原恭大外野手に人気が集中し、競合となる可能性が高い。報徳学園の小園海斗内野手も含めて、高校生にタレントが豊富。大学生では甲斐野央投手、上茶谷大河投手、梅津晃大投手の“東洋大トリオ”、日体大の松本航投手、立命館大の辰巳涼介外野手らがドラフト1位候補として、名前が挙がっている。競合を覚悟するのか、はたまた他球団を出し抜いて一本釣りを狙うのか。各球団の駆け引き、腹の探り合いはドラフト当日まで続いていくだろう。
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top