悪用携帯「ベトナム人」急増=在留カード入手し契約か―特殊詐欺グループ・警視庁 | NewsCafe

悪用携帯「ベトナム人」急増=在留カード入手し契約か―特殊詐欺グループ・警視庁

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 今年1~8月に東京都内で起きた特殊詐欺事件で悪用された携帯電話の約3割が、ベトナム人名義の契約だったことが警視庁の調査で分かった。今年に入り急増しており、捜査関係者は「偽造身分証対策の強化を受け、犯人側が在日ベトナム人の真正な在留カードを利用しているのではないか」と分析。同庁は日本語学校などに、身分証の適切な管理を指導するよう求めている。
 「日本語ができなくても携帯電話契約ができるよう仲介します」。ベトナム語で書かれたフェイスブックの投稿を見て、昨年来日した30代前半のベトナム人男性は投稿者に連絡を取った。4月下旬、待ち合わせ先のJR秋葉原駅に現れたのは若いベトナム人の男。近くの家電量販店に連れて行かれ、パスポートと在留カード、預金通帳を預けた。新しいスマートフォン1台を契約し、男に謝礼の5000円を渡した。
 約2カ月後、自分のスマホ以外に、契約した覚えのない格安スマホ2台分の請求書が男性の元に届いた。仲介者の男に確認しようとしたが連絡が取れなくなっていた。その後このうち1台が、4月に東京都江東区の70代女性宅にかかってきた特殊詐欺の電話に利用されていたことが、警視庁の捜査で分かった。
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top