トルコ大統領、23日にも声明=トランプ氏と電話会談―記者死亡事件 | NewsCafe

トルコ大統領、23日にも声明=トランプ氏と電話会談―記者死亡事件

社会 時事通信社/NEW_POLECOINT/INTERNATIONAL
 【イスタンブール時事】トルコのアナトリア通信によると、エルドアン大統領は21日演説し、サウジアラビア人の記者ジャマル・カショギ氏がイスタンブールのサウジ総領事館で死亡した事件をめぐり、「できれば23日に声明を出したい」と表明した。
 トルコ捜査当局は、カショギ氏が2日、サウジ総領事館で計画的に殺害されたとみている。大統領は演説で、トルコ側が容疑者とみなすサウジ人15人がイスタンブールに来た理由などについて「詳細に説明される必要がある」と述べた。
 エルドアン大統領は演説後、トランプ米大統領と電話会談を行った。両首脳は事件について「あらゆる側面で、解決されなければならない」との認識で一致したという。
 一方、トルコ捜査当局は今後、サウジ総領事館の職員25人前後に対してカショギ氏が死亡した際の状況などに関して聴取を行う。19日も総領事館のトルコ人スタッフから事情を聴いていたが、聴取の対象者を増やすなど捜査を加速させる。 
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top