CS突破の鷹・工藤監督「ここで喜んではいない。日本一になって本当の喜び」 | NewsCafe

CS突破の鷹・工藤監督「ここで喜んではいない。日本一になって本当の喜び」

スポーツ フルカウント
会見でのソフトバンク・工藤公康監督【写真:福谷佑介】
■初回にグラシアルが決めた意表つくバントに「ビックリした」

 ソフトバンクが3連勝で、2年連続18度目の日本シリーズ進出を決めた。21日、敵地メットライフドームで行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」第5戦。初回に柳田が走者一掃の適時二塁打を放って3点を先制。6回にも柳田がソロ本塁打を放って勝利を掴んだ。試合後、工藤公康監督は「今はホッとしています。日本シリーズへの挑戦権を争う試合で勝つことができて、よくやったと選手たちを労ってあげたい」と安堵の表情を浮かべた。

 強烈な先制パンチを食らわせた。初回、上林の二塁打、明石の死球で無死一、二塁とすると、グラシアルが意表を突く犠打。「ビックリした。まさかと」と指揮官も驚く、キューバ人助っ人が自身のとっさの判断で決めたバントは内野安打となり、無死満塁の絶好機が出来上がった。ここで4番柳田が左中間へ走者一掃の適時二塁打を放って、いきなり3点を先制した。
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top