生きてる『マンモス』に会える!10年以内に「氷河期公園」を実現する計画が始動 | NewsCafe

生きてる『マンモス』に会える!10年以内に「氷河期公園」を実現する計画が始動

芸能 まいじつ/entertainment
生きてる『マンモス』に会える!10年以内に「氷河期公園」を実現する計画が始動

10年以内に、ロシアに「氷河期公園」なるマンモス牧場が誕生しそうだ。


【関連】愛犬家のためか?悪徳商法か?韓国の最新「クローン技術」 ほか

場所はロシア連邦を構成するサハ共和国で、首都はヤクーツク。同共和国は世界のダイヤモンドの2割を産出する鉱山業が盛んなところである。


ヤクーツク市長のアイゼン・ニコラエフ氏は先ごろ、ウラジオストックで行われた東部経済フォーラムでこう語った。


「ヤクーツクの名物は、ダイヤモンドからマンモスに変わるかもしれません。ロシア、日本、韓国の科学者の協力で、マンモスの復活という奇跡があと10年以内で実現しそうです。マンモスの群れが生活する『氷河期公園』を作ります。私が2014年にこの計画を話したときは笑いものにされましたが、科学技術は爆発的に進歩しており、今ではマンモスの復活は現実的なのです。私の計画を笑う人はいなくなりました」


果たして、1万年前に絶滅したマンモスをどうよみがえらせようというのか。


《まいじつ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top