約10分のリプレー検証で判定覆らず、敗退の西武辻監督「俺はセーフだと思った」 | NewsCafe

約10分のリプレー検証で判定覆らず、敗退の西武辻監督「俺はセーフだと思った」

スポーツ フルカウント
西武・辻発彦監督【写真:福谷佑介】
■ホークスに下克上許し「“らしい”試合だった」も…「負けたのは悔しい」

■ソフトバンク 6-5 西武(21日・メットライフ)

 リーグ王者の西武は、ソフトバンクに競り負けて無念の敗退となった。21日、本拠地メットライフドームで行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」第5戦。初回にいきなり3点のビハインドを背負うと、反撃も及ばずに敗れた。アドバンテージ1勝を含めて2勝4敗。ソフトバンクに下克上を許し、辻発彦監督は「最後まで食らいついていって“らしい”試合だった。負けたのは悔しいですけどね」と肩を落とした。

 崖っぷちで迎えた一戦。西武はまたも先制パンチを浴びた。初回、先発ウルフはグラシアルの意表を突くセーフティーバントなどで無死満塁のピンチを背負うと、柳田には左中間へ走者一掃の二塁打を浴びた。

 3点ビハインドの5回、無死一、三塁で森がタイムリーを放つと、メヒアの併殺の間に2点目。1点差に迫り、続く秋山も内野安打で出塁した。続く源田の4球目で秋山がスタート。強肩の捕手・甲斐が二塁に送球し、判定はアウト。辻監督がこの日2度目のリクエストを要求した。約10分間のリプレー検証の末、判定は覆らずにアウト。メットライフドームは騒然となった。
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top