強制不妊被害に「おわび」=旧優生保護法、救済策で―与党 | NewsCafe

強制不妊被害に「おわび」=旧優生保護法、救済策で―与党

社会 時事通信社/NEW_POLECOINT/SOCIETY
 旧優生保護法下で障害者らが不妊手術を強制されるなどした問題で、救済策を検討している自民、公明両党の与党ワーキングチーム(WT)が、被害者への「おわび」を示す方針を固めたことが21日、分かった。手術の記録が残っていない人も含め、救済対象者に一時金を支給する方針。
 救済策をめぐっては、与党WTと並行して検討している超党派議員連盟の法案作成プロジェクトチームが既に法案の大枠を明らかにしている。おわびの言葉を前文に盛り込むことや、一時金の支給、手術記録のない被害者らを有識者で構成する組織の判定に基づき厚生労働相が認定する制度の導入などが柱で、与党WTも「方向性はほぼ一致している」(与党国会議員)という。
 与党WTと超党派議連は連携し、来年の通常国会への法案提出を目指している。
 与党WTはおわびについて、関連法案への明記や国会決議を検討。2001年のハンセン病患者らに対する補償法成立の際、同法の前文に反省とおわびを明記し、衆参両院で「深く反省し謝罪の意を表明する」との決議を行った例と同様に対応する案も出ている。 
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top