西武、黒星の中にも光明 外崎がCS初安打含む2安打「スイングに迷いなくなる」 | NewsCafe

西武、黒星の中にも光明 外崎がCS初安打含む2安打「スイングに迷いなくなる」

スポーツ フルカウント
西武・外崎修汰【写真:福谷佑介】
■3回にCS初ヒット、7回には左翼へホームラン

■ソフトバンク 15-4 西武(19日・メットライフ)

 19日にアドバンテージを含む2勝1敗でクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第3戦を迎えた西武。勝てば日本シリーズ進出に王手だったが、先発・榎田をはじめとする投手陣がソフトバンク打線につかまり、被安打16、失点15で大敗。しかし、連夜のスタメン起用となった外崎修汰外野手が、CS初安打と1本塁打を含む2安打の活躍で、復活の狼煙を上げた。

 スタメン復帰となった前日18日は5打席ノーヒット。だが、「実戦の中で打席での感覚を取り戻してもらえれば」と語っていた辻発彦監督は、この日も8番・右翼に外崎を送り出した。試合前に外崎自身は「頭にあるバッティングのイメージと体の動きが合っていない感じがある。バットが出てこなかった」と話していたが、「そこは試合の中で意識しながらやっていた」と言う。

《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top