「新しい御代の安泰を」=皇后さま、84歳に―最後の文書回答 | NewsCafe

「新しい御代の安泰を」=皇后さま、84歳に―最後の文書回答

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 皇后さまは20日、84歳の誕生日を迎えられた。宮内記者会の質問に文書で回答を寄せ、天皇陛下の退位まで半年余りとなった現在の心境について、来年5月に新天皇に即位する皇太子さまが陛下と変わらず、心を込めて天皇の役割を果たすことを確信していると述べた上で、「新しい御代の安泰を祈り続けていきたい」とつづった。
 皇后さまは天皇陛下の退位後、上皇后となるが、陛下とともにすべての公務から身を引く。宮内庁によると、恒例だった誕生日の文書回答も今回が最後となる。
 回答で皇后さまは、結婚し皇太子妃となって以降の60年を振り返り、「皇太子妃、皇后という立場を生きることは、私にとり決して易しいことではありませんでした」と率直な心情を吐露。義務を果たしつつ、その都度新たに気付かされたことを心にとどめる日々を重ねて歳月が流れたとし、これまで成長を助けてくれた全ての人々に深い謝意を示した。
 陛下に対しては「どのような時にもお立場としての義務は最優先であり、私事はそれに次ぐもの」とした自身の言葉通りに過ごされてきたと振り返った。その上で、象徴としての立場を模索し続けた陛下との日々を「今深い感慨と共に思い起こしています」とつづった。
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top