祖父母殺傷「迷惑掛けぬよう」=中3男子、強い殺意か―埼玉県警 | NewsCafe

祖父母殺傷「迷惑掛けぬよう」=中3男子、強い殺意か―埼玉県警

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 埼玉県和光市のマンションで80代の夫婦が殺傷された事件で、殺人未遂容疑で逮捕された孫の中学3年の男子生徒(15)が県警に対し、「学校に許せない生徒がいて殺すつもりだった。迷惑を掛けないように、自分の家族を先に殺そうと思った」という趣旨の話をしていることが20日、捜査関係者への取材で分かった。
 死亡した祖父(87)の体には切り傷や内臓に達する深い刺し傷があり、事件には複数の刃物が使われたとみられることも判明。県警朝霞署捜査本部は同日朝に男子生徒を送検し、強い殺意を持って祖父を刺したとみて、動機や事件の背景について慎重に調べを進めている。
 事件は18日に発生。男子生徒はその後、所在が分からなくなり、翌19日午前、現場から約17キロ離れた同県川越市内の駅前で警戒中の捜査員に見つかり、祖母(82)に対する殺人未遂容疑で逮捕された。捜査関係者によると、男子生徒は容疑を認めた上で、学校の生徒を殺害する前に迷惑を掛けないよう家族を殺すつもりだったとの趣旨を話しているという。   埼玉県和光市のマンションで80代の夫婦が殺傷された事件で、殺人未遂容疑で逮捕された孫の中学3年の男子生徒(15)が県警に対し、「学校に許せない生徒がいて殺すつもりだった。迷惑を掛けないように、自分の家族を先に殺そうと思った」という趣旨の話をしていることが20日、捜査関係者への取材で分かった。
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top