広島勢いに乗る巨人を圧倒! 緒方監督ご満悦「みんなバットが振れている」 | NewsCafe

広島勢いに乗る巨人を圧倒! 緒方監督ご満悦「みんなバットが振れている」

スポーツ フルカウント
広島・緒方監督【写真:荒川祐史】
■先発の大瀬良には「今日は大地のピッチングに尽きるね」

■広島 6-1 巨人(17日・マツダスタジアム)

 広島は17日、マツダスタジアムで行われたクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ初戦の巨人戦を6-1で勝利し、アドバンテージを含めた対戦成績を2勝0敗とした。先発の大瀬良が6回1失点と好投し、打線は鈴木と丸の本塁打などで着実に得点を重ねた。投打がかみ合っての快勝に、緒方監督は「全員がプレーボールから集中していた」と、シーズン終了後のブランクを感じさせない試合ぶりに安堵していた。

 大瀬良は初回に先頭打者の坂本に安打を打たれたが、続く田中俊を併殺打に打ち取り、その後は5回まで巨人打線を1安打に抑えた。6回に3安打で1点を失い、なおも2死満塁のピンチを招いたが、長野をセンターフライに打ち取ってリードを守った。

「今日は(大瀬良)大地のピッチングに尽きるね」と話を切り出した緒方監督は「初回から力を入れて投げていた。もっと球が暴れることもあるかと思ったが、しっかり投げてくれた。一番は(6回の)満塁のピンチをしのいでくれたこと。マウンドで落ち着いているし、昨季とは違う姿を見せている」と最多勝右腕を絶賛した。
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top