鷹・内川、復帰後の初球をいきなり安打 工藤監督も脱帽「さすがですよ」 | NewsCafe

鷹・内川、復帰後の初球をいきなり安打 工藤監督も脱帽「さすがですよ」

スポーツ フルカウント
ソフトバンク・内川【写真:藤浦一都】
■疲労性の体調不良、右肩違和感などから、この日1軍に復帰

■ソフトバンク 10-4 西武(17日・メットライフ)

 ソフトバンクの内川聖一内野手が、1軍復帰後の1球目で復帰後初安打を放った。17日、敵地メットライフドームで行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージ第1戦。この日1軍復帰した主将は7回に代打で登場し、中前安打を放った。

 疲労性の体調不良、右肩違和感などでファーム調整を続けてきた内川。フェニックスリーグでの実戦調整を経て、この日1軍に復帰すると、いきなり結果を出した。7回1死一、二塁で西田の代打として登場すると、復帰後の第1球、平井が投じた初球のストレートを中前へ弾き返した。

 過去、クライマックスシリーズ で3度MVPを獲得している“短期決戦の鬼”の内川。頼もしい打者の復帰に、藤本博史打撃コーチが「さすがやね。これでスタメンの可能性も出てくる」と称えれば、工藤公康監督も「さすがですよ。戻ってきて初球にいきなり合わせるのは難しい。それを合わせたのはさすが」と脱帽していた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top