TKP、大塚家具に追加出資せず=支援は継続 | NewsCafe

TKP、大塚家具に追加出資せず=支援は継続

社会 時事通信社/NEW_POLECOINT/ECONOMY
 業績不振に陥っている大塚家具の再建をめぐり、大株主である貸会議室大手ティーケーピー(TKP)は16日、追加出資を行わない考えを明らかにした。大塚家具から追加の出資要請があったことを認めた上で「現在の提携の範囲内で支援したい」(広報担当)と説明している。
 TKPは昨年11月に大塚家具との資本・業務提携を発表し、発行済み株式の7%弱を取得した。現在は大塚家具の店舗の余剰スペースを会議室として活用するなど事業面で協力している。
 一方の大塚家具は9月までの店舗の売り上げが14カ月連続で前年割れし、資金繰りが悪化。運転資金確保のため保有する大手金融機関などの株式を売却したほか、9月下旬から全国12店舗で最大8割引きの「在庫一掃セール」を実施している。   業績不振に陥っている大塚家具の再建をめぐり、大株主である貸会議室大手ティーケーピー(TKP)は16日、追加出資を行わない考えを明らかにした。大塚家具から追加の出資要請があったことを認めた上で「現在の提携の範囲内で支援したい」(広報担当)と説明している。
 TKPは昨年11月に大塚家具との資本・業務提携を発表し、発行済み株式の7%弱を取得した。現在は大塚家具の店舗の余剰スペースを会議室として活用するなど事業面で協力している。
 一方の大塚家具は9月までの店舗の売り上げが14カ月連続で前年割れし、資金繰りが悪化。運転資金確保のため保有する大手金融機関などの株式を売却したほか、9月下旬から全国12店舗で最大8割引きの「在庫一掃セール」を実施している。 
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top