藤田ニコル、夢は「梅沢富美男とバージンロード」 | NewsCafe

藤田ニコル、夢は「梅沢富美男とバージンロード」

芸能 AbemaTIMES/エンタメ
藤田ニコル、夢は「梅沢富美男とバージンロード」

 モデル・タレントの藤田ニコルが、10月16日(火)、東京・代官山の鳳鳴館(ほうめいかん)にて、自身がデザインを監修したウエディングドレスブランド「b.b. duo(ビービー デュオ)」の新作ドレスを発表。華やかなドレス姿でウォーキングと早着替えに挑戦した。

 藤田は、会場の大階段上から、ラベンダーカラーのウエディングドレスで登場した後、ブルーカラードレスを着用して、再度登場。約3分とスピーディーな早着替えを行い、余裕の表情で会場内をウォーキングした。そして、ひざまずいた花婿役から花束を渡されると、照れ笑いを浮かべるひと幕もあり、会場から「カワイイ~」の声が飛んだ。

 同発表会では、「もし結婚式で自分が着るならどんなカラーのドレスを着たい?」と質問されると、「本当は“にこるんカラー”は、ピカチュウが好きだから黄色なんですけど(笑)。黄色は絶対着たいんですけど、(いま着用している)こういった寒色系も、大人になってきたから似合う年になってきたのかな?と思います。なので何回かお色直ししたいです」とニッコリ。


 さらに、「結婚式でやりたいこと」を問われると、「私はお父さんがいないので、代わりに梅沢(富美男)さんに一緒に歩いてもらったりとかしたいですね」。レポーターから「梅沢さん、泣いちゃうかもしれませんね」と合いの手を入れられると、「泣いてくれたら嬉しいですけど…。来てくれるかなぁ?」と夢を膨らませていた。

 なお、今回発表したドレスは、“イマドキの若い世代を代表する”藤田ならではのフレッシュな感覚を取り入れた、全く新しいウエディングドレスコレクションとして、2018年春に発表されたブランド「b.b. duo」の第二弾となる。テーマを“自由奔放に・思いのままに”を意味する「BOHO(ボーホ―)ウエディング」とし、本コレクションでも、藤田がデザイン監修を務めた。

テキスト・写真:ayumi

《AbemaTIMES》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top