18歳の半数、新聞読まず…情報源の選択は利便性や費用を重視 | NewsCafe

18歳の半数、新聞読まず…情報源の選択は利便性や費用を重視

子育て・教育 リセマム/生活・健康/高校生
日本財団「18歳意識調査」第2回テーマは新聞について
  • 日本財団「18歳意識調査」第2回テーマは新聞について
  • 左/普段新聞を読んでいるか、右/新聞を読まない理由
  • 左/世の中のできごと(ニュースや報道)について、何から情報を得ているか、右/利用している・していないにかかわらず、メディアの中で信頼できるもの
  • 将来、新聞に月額いくらまでなら出してもよいと思うか 左/紙の新聞、右/オンラインの新聞
 日本財団は2018年10月15日、10月からスタートした「18歳の意識調査」の第2回結果を発表した。今回のテーマは新聞。18歳の52.5%が新聞を読んでおらず、将来的にも「お金を出して購読しようとは思わない」という回答がもっとも多かった。

 第2回の18歳意識調査は、10月15日からの新聞週間に合わせ、若者が情報源として新聞をどのように位置付けているか、ほかのテレビやソーシャルメディアなどの情報源に対する信頼度・利用頻度などを調査。2018年9月21日~23日にインターネット調査を行い、全国の17歳~19歳男女800人から回答を得た。

 普段新聞を読んでいるかを尋ねると、「読んでいる」47.5%に対して「読んでいない」52.5%。新聞を読まない理由では、「面倒くさい・読む時間がないから」50.7%がもっとも多く、「新聞をとっていない・新聞を読む習慣がないから」30.7%、「高いから・お金がかかるから・金銭的余裕がないから」28.3%のほか、「ほかの媒体(テレビやネット)で十分だから・必要性がないから」23.3%などがあった。
《黄金崎綾乃》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top