手話で謝罪文強要容疑=住吉会系組長ら逮捕―警視庁 | NewsCafe

手話で謝罪文強要容疑=住吉会系組長ら逮捕―警視庁

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 ろうあ者の女性に手話で指示し、謝罪の文章を書かせたとして、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は12日までに、強要容疑で指定暴力団住吉会系組長の阿部太(54)=仙台市泉区七北田=、妻の李※(※くさかんむりに恵)英(44)=東京都江戸川区春江町=両容疑者ら3人を逮捕した。両容疑者は容疑を認めているという。
 同隊によると、逮捕された3人もろうあ者。ろうあ者同士が生活を支援し合うグループに入り込み、年金などを管理、流用していた可能性があるという。
 逮捕容疑は昨年6月9日、東京都中央区の飲食店などで、ろうあ者の女性(65)に強い表現の手話で指示し、「男性(82)が所在不明になったのは私の責任です」などと紙に書かせた疑い。
 男性もろうあ者で、生活支援グループに入っていたが、李容疑者らと同居するようになり、障害者年金などを勝手に引き出されていたという。女性が不正に気付き、都内の区役所に申し出て男性を避難させていた。 
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top