進学取りやめに野球ファンの反応は?金足農業・吉田輝星がプロ志望を表明! | NewsCafe

進学取りやめに野球ファンの反応は?金足農業・吉田輝星がプロ志望を表明!

今年の第100回全国高校野球選手権大会で大活躍し、全国に金農旋風を巻き起こした金足農業(秋田)の吉田輝星投手。...

スポーツ SPREAD
進学取りやめに野球ファンの反応は?金足農業・吉田輝星がプロ志望を表明!

今年の第100回全国高校野球選手権大会で大活躍し、全国に金農旋風を巻き起こした金足農業(秋田)の吉田輝星投手。10月10日に学校で会見を行い、プロ志望届の提出を発表した。

会見では希望球団も聞かれた吉田投手だが、「プロの世界に入れるのであればチームは関係なく、しっかり自分が努力しようと思っています」と12球団OKの考えを示した。

将来は侍ジャパンでも活躍できるような投手に

甲子園での活躍により大ブレイクを果たした吉田投手は、大会後に選ばれたU-18侍ジャパンでアジア大会にも出場した。しかし、この大会ではリリーフ登板で失点が続き、思うような活躍ができなかった。

プロ入り後の目標を聞かれた吉田投手は、アジア大会でのプレーを思い出しながら「U-18で初めて日の丸を背負わせてもらいましたが、あまりいいピッチングができなかったので、もう一回日の丸を背負って次は勝てるピッチャーになりたいと思っています」と力強い眼差しで答えた。

両親からはプロ入りに慎重な意見も

甲子園で活躍したことにより吉田投手を取り巻く環境は一変した。

もともとは八戸学院大(青森)への進学を予定していたとのことだが、浮き上がるような力強いストレートはプロのスカウトにも高く評価され、既に複数の球団からドラフトに向けた調査書が届いているという。

甲子園の大会期間中から騒がれ出した吉田投手の進路。本人も進学かプロ入りか悩んだが、最終的には国体から戻ってきた10月4日に話し合いの場を持ち、野球部の監督や金足農業の校長先生、そして両親にプロ入りの意思を伝えたという。

「甲子園、国体を通じて自分たちの力を発揮し、チームで勝てたことが自信になって決断しました」とプロ志望の決め手を明かす吉田投手。

その話し合いでは、両親から引退後のセカンドキャリアを心配する意見も出たようだ。

「しっかり強い意志を持っているんだったら尊重すると言われたんですけど、その後(引退後)の生活のほうが長いので、まだ時間はあるからしっかり考えて決めろと言われました」

八戸学院大への進学を断ってプロ入りすることには、野球ファンからも多くの声が寄せられている。

《SPREAD》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top