鍋の季節に欠かせない!【春菊】の正しい保存方法 | NewsCafe

鍋の季節に欠かせない!【春菊】の正しい保存方法

グルメ オリーブオイルをひとまわし
鍋の季節に欠かせない!【春菊】の正しい保存方法

オリジナルサイトで読む >

鍋の季節に欠かせない!【春菊】の正しい保存方法

優れた抗酸化作用と免疫活性作用を持つとされるβ-カロテンをはじめ、鉄やカルシウム、各種ビタミンやアミノ酸を豊富に含む春菊。冬に旬を迎える鍋料理には欠かせない野菜で、独特の風味を活かしたサラダや白和えの美味しさも格別だ。ただこの春菊、1度に使い切れず残ることも多い。この機会に上手な保存の仕方を覚えておこう。

1. 5日~1週間程度なら【下処理をして冷蔵庫の野菜室で】

春菊は乾燥に弱く、購入時のまま冷蔵庫に放置すると、2~3日で鮮やかな深緑色が色あせ、しなびてしまう。適正な保存温度は0~5程度といわれているので、常温は避け、以下のような下処理をした上で冷蔵室または野菜室に保存しよう。

【茎のまま保存する手順】

1.春菊を水に浸してよく洗い、水気を切った後、根元に湿らせたキッチンペーパーを巻く。
《オリーブオイルをひとまわし編集部》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top