広島また足踏み、M1のままも…26日から直接対決、丸「勝って決まるのが理想」 | NewsCafe

広島また足踏み、M1のままも…26日から直接対決、丸「勝って決まるのが理想」

スポーツ フルカウント
広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】
■2日連続で3連覇持ち越し、緒方監督は疲労隠せず「また明日、頑張って勝ちましょう」

 広島は25日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦に3-5で敗れ、球団史上初のリーグ3連覇はまたもお預けとなった。前日と同様に敗戦が決まった後、ナゴヤドームの結果待ちとなったが、2位ヤクルトが中日の延長戦を制し、マジック「1」は減ることはなかった。球場の大型ビジョンでの中継が終わり、ベンチ裏に引き上げてきた緒方監督は「残念です。また明日、しっかりやるだけ」と元気がなかった。

 9回2死から坂口のタイムリーによるヤクルトの土壇場での同点劇と、フランスアがロペスに決勝本塁打を打たれた8回の悲劇は、ほとんど同時刻に起こっていた。カープファンの悲鳴は、そのままため息に変わり、27年ぶりの地元胴上げはまたも持ち越しとなった。

 緒方監督が「やっている野球は全然、問題ない。粘り強く戦えている」とコメントしたように、先発の中村祐が先制を許したが、丸の2試合連続の38号2ランなどで一度は同点に追いついた。3安打猛打賞の丸は「いい内容の打席が多かった。自分ができることをやるしかないが、また明日も継続していきたい」と復調に手応えを感じているようで、「自分たちが勝って(優勝が)決まるのが理想。明日からは勝たないことには決まらないので、目の前の試合を戦うだけ」と、26日からの2位東京ヤクルトとの直接対決に向けて必勝を期した。
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top