【MLB】平野佳寿が日本人メジャー最多登板記録更新 大塚と上原を抜く74試合で登板 | NewsCafe

【MLB】平野佳寿が日本人メジャー最多登板記録更新 大塚と上原を抜く74試合で登板

スポーツ フルカウント
ダイヤモンドバックス・平野佳寿【写真:Getty Images】
■記念すべきマウンドは2/3回を3失点のホロ苦登板

 ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手が24日(日本時間25日)、本拠地でのドジャース戦で9回に6番手として登板し、2/3回を2安打2奪三振2四球3失点(自責3)だった。これが今季74試合目の登板となり、04年の大塚晶則(パドレス)、13年の上原浩治(レッドソックス)を抜いて、メジャー日本人投手のシーズン最多登板記録を更新した。

 3-4と1点を追う9回に6番手として登板。先頭のマンシーに四球を与えると、続くターナーに右翼へヒットを弾き返され、無死一、三塁のピンチを迎える。アットリーの2球目で暴投し、三塁走者が生還。なおも無死二塁でアットリーにも四球を与えてしまう。さらに、マチャドに右翼フェンス直撃のタイムリー二塁打。ピーダーソンを空振り三振に斬ったが、バーンズの打席で再び暴投し、この回3点目を失った。1死三塁としたが、バーンズは見逃し三振。27球(16ストライク)を投げたところで、マウンドをデルガドに譲った。

 大塚、上原を抜くシーズン74試合目の登板という記念のマウンドだったが、残念ながらホロ苦の内容となってしまった。(Full-Count編集部)
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top