留学生100人以上が退学=在留資格更新されず―大阪 | NewsCafe

留学生100人以上が退学=在留資格更新されず―大阪

大阪市内の観光系専門学校で、4月に入学したベトナム人留学生らの在留資格が更新されず、100人以上が退学となったことが25日、大阪府への取材で分かった。定員を超える留学生を入学させているとして、府や大阪入国管理局は専門学校側に是正を求めていた。

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 大阪市内の観光系専門学校で、4月に入学したベトナム人留学生らの在留資格が更新されず、100人以上が退学となったことが25日、大阪府への取材で分かった。定員を超える留学生を入学させているとして、府や大阪入国管理局は専門学校側に是正を求めていた。 専門学校は大阪市天王寺区の「日中文化芸術専門学校」。府によると、在校生の約95%がベトナム人や中国人などの留学生だった。定員は418人だが、2018年度は約580人の学生が在籍し、17年度も定員超過だったという。 入国管理局も定員超過を認めないと学校側に通告。7月以降に期限切れとなる留学生の資格更新ができなかったとみられる。 留学生約165人が退学し、うち62人が帰国した。退学した学生には授業料を返還しているという。   大阪市内の観光系専門学校で、4月に入学したベトナム人留学生らの在留資格が更新されず、100人以上が退学となったことが25日、大阪府への取材で分かった。定員を超える留学生を入学させているとして、府や大阪入国管理局は専門学校側に是正を求めていた。 専門学校は大阪市天王寺区の「日中文化芸術専門学校」。府によると、在校生の約95%がベトナム人や中国人などの留学生だった。定員は418人だが、2018年度は約580人の学生が在籍し、17年度も定員超過だったという。 入国管理局も定員超過を認めないと学校側に通告。7月以降に期限切れとなる留学生の資格更新ができなかったとみられる。 留学生約165人が退学し、うち62人が帰国した。退学した学生には授業料を返還しているという。 
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top