トラブル?ケンカ?『出禁』をテレビ局から食らった芸能人たち | NewsCafe

トラブル?ケンカ?『出禁』をテレビ局から食らった芸能人たち

テレビの収録中などに大問題を起こすと、その芸能人はテレビ局から“出禁”を食らうといわれている。 有名なのは、ロックバンド『氣志團』の綾小路翔。彼が『DJ OZMA』として2006年の『NHK紅白歌合戦』に出演した際、裸に見える衣装を着用したことで批判が殺到してしまった…

芸能 まいじつ/entertainment
トラブル?ケンカ?『出禁』をテレビ局から食らった芸能人たち

テレビの収録中などに大問題を起こすと、その芸能人はテレビ局から“出禁”を食らうといわれている。


【関連】明石家さんま「34年間の確執」を水に流してテレビ東京出演 ほか

有名なのは、ロックバンド『氣志團』の綾小路翔。彼が『DJ OZMA』として2006年の『NHK紅白歌合戦』に出演した際、裸に見える衣装を着用したことで批判が殺到してしまった。


すると07年1月に、当時のNHK橋本元一会長が定例記者会見で、「(綾小路を)現場で使いにくい状況だと思う」と事実上の出禁宣言。これに綾小路はブログで、「NHKにも実は頭にきてたけど、なんかもういいかな~って気もしてきちゃったし。定例会見のことも聞いたけど、ちょっと残念だったね」で苦言を呈し、NHKとの仲はほとんど修復不可能に。


それから約10年後、16年4月放送のNHK番組『ひるブラ』で、綾小路をデザインした草加せんべいが紹介された。意外な形で再びNHKに登場した綾小路だが、このときツイッターに「この番組を制作した方々が上層部に怒られていないか、それだけが心配な私です」と投稿している。


《まいじつ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top