こうのとり7号機、打ち上げ成功=回収カプセル初搭載―種子島 | NewsCafe

こうのとり7号機、打ち上げ成功=回収カプセル初搭載―種子島

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は23日午前2時52分、国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運ぶ無人補給機「こうのとり」7号機を、鹿児島県・種子島宇宙センターからH2Bロケット7号機で打ち上げた。こうのとりは約15分後にロケットから分離され、打ち上げは成功した。 JAXAの山川宏理事長は記者会見で、「こうのとりは失敗がなく、大型の重量物を輸送できる唯一の輸送船。その能力を維持していきたい」と述べた。 こうのとりは27日夜、高度約400キロにあるISSに接近し、ロボットアームでキャッチされた後、ドッキングする予定。今回は実験試料を持ち帰る小型カプセルを初めて搭載しており、宇宙からの物資回収に挑む。 JAXAによると、こうのとりが運ぶ物資は、水や食料などのほか、ISSの電力供給を担う日本製の大型リチウムイオン電池や、日本実験棟「きぼう」から放出される超小型衛星などで、輸送量は過去最大の約6.2トンに達する。 小型回収カプセルは直径約84センチ、高さ66センチの円すいに似た形状。内部にタイガー魔法瓶が開発した真空二重容器(容積30リットル)が収められている。 宇宙飛行士が容器に試料を入れ、カプセルをこうのとりの外側に装着。11月上旬ごろ、こうのとりとともに大気圏に再突入するが、直前に切り離される。こうのとりは燃え尽きるが、カプセルはパラシュートを開いて南鳥島近海に着水し、JAXAが船で回収する。 当初は11日に打ち上げる予定だったが、天候不良や機器の不具合で4回延期されていた。H2Bは、いずれもこうのとりを打ち上げ、7回全てで成功。H2Aも含めると成功率は97.8%となった。   三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は23日午前2時52分、国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運ぶ無人補給機「こうのとり」7号機を、鹿児島県・種子島宇宙センターからH2Bロケット7号機で打ち上げた。こうのとりは約15分後にロケットから分離され、打ち上げは成功した。 JAXAの山川宏理事長は記者会見で、「こうのとりは失敗がなく、大型の重量物を輸送できる唯一の輸送船。その能力を維持していきたい」と述べた。 こうのとりは27日夜、高度約400キロにあるISSに接近し、ロボットアームでキャッチされた後、ドッキングする予定。今回は実験試料を持ち帰る小型カプセルを初めて搭載しており、宇宙からの物資回収に挑む。 JAXAによると、こうのとりが運ぶ物資は、水や食料などのほか、ISSの電力供給を担う日本製の大型リチウムイオン電池や、日本実験棟「きぼう」から放出される超小型衛星などで、輸送量は過去最大の約6.2トンに達する。 小型回収カプセルは直径約84センチ、高さ66センチの円すいに似た形状。内部にタイガー魔法瓶が開発した真空二重容器(容積30リットル)が収められている。 宇宙飛行士が容器に試料を入れ、カプセルをこうのとりの外側に装着。11月上旬ごろ、こうのとりとともに大気圏に再突入するが、直前に切り離される。こうのとりは燃え尽きるが、カプセルはパラシュートを開いて南鳥島近海に着水し、JAXAが船で回収する。 当初は11日に打ち上げる予定だったが、天候不良や機器の不具合で4回延期されていた。H2Bは、いずれもこうのとりを打ち上げ、7回全てで成功。H2Aも含めると成功率は97.8%となった。 
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top