別にモデルガン、ナイフ2本も=交番襲撃、周到準備か―宮城県警 | NewsCafe

別にモデルガン、ナイフ2本も=交番襲撃、周到準備か―宮城県警

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 仙台市の交番で宮城県警の清野裕彰巡査長(33)=警部補に2階級特進=が刺殺された事件で、県警は22日、撃たれて死亡した東北学院大3年の相沢悠太容疑者(21)が襲撃に使用したエアガンとは別に、モデルガンのようなものをもう1丁持っていたと発表した。カッターとされていたのがエアガン用の弾倉だったことも判明。さらに2本のナイフも見つかった。 県警は、相沢容疑者が交番襲撃を周到に計画していた裏付けになるとみて調べている。 県警によると、相沢容疑者が所持していた二つのウエストポーチには、モデルガンのようなもの1丁と弾倉数本、折りたためる小型ナイフなど2本が入っていた。弾倉にはBB弾と呼ばれるプラスチック製の銀色の弾が込められていた。   仙台市の交番で宮城県警の清野裕彰巡査長(33)=警部補に2階級特進=が刺殺された事件で、県警は22日、撃たれて死亡した東北学院大3年の相沢悠太容疑者(21)が襲撃に使用したエアガンとは別に、モデルガンのようなものをもう1丁持っていたと発表した。カッターとされていたのがエアガン用の弾倉だったことも判明。さらに2本のナイフも見つかった。 県警は、相沢容疑者が交番襲撃を周到に計画していた裏付けになるとみて調べている。 県警によると、相沢容疑者が所持していた二つのウエストポーチには、モデルガンのようなもの1丁と弾倉数本、折りたためる小型ナイフなど2本が入っていた。弾倉にはBB弾と呼ばれるプラスチック製の銀色の弾が込められていた。 
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top