正恩氏、韓国財閥首脳に強い関心=サムスントップと交流 | NewsCafe

正恩氏、韓国財閥首脳に強い関心=サムスントップと交流

社会 時事通信社/NEW_POLECOINT/INTERNATIONAL
 【ソウル時事】22日付の韓国紙・東亜日報によると、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、韓国の文在寅大統領に随行して訪朝したサムスングループの経営トップ、サムスン電子の李在鎔副会長ら財閥首脳に強い関心を示した。訪朝した関係者の話として伝えた。 韓国政府関係者は同紙に対し、「正恩氏が訪韓すれば、大企業の工場などを視察する日程が組まれる可能性が極めて高い」という見方を示した。 同紙によると、訪朝初日の18日の夕食会で、金英哲党副委員長が李副会長を正恩氏に「サムスンの総帥(トップ)です」と紹介すると、「全部知っている」と答えた。最終日の20日の昼食会でも、正恩氏は李副会長らと「別れの酒」をくみ交わし、「また会いましょう」などと交流したという。 
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top