「東京国際映画祭」コンペ部門、稲垣吾郎主演『半世界』&角田光代原作『愛がなんだ』が出品 | NewsCafe

「東京国際映画祭」コンペ部門、稲垣吾郎主演『半世界』&角田光代原作『愛がなんだ』が出品

「第31回東京国際映画祭」にて、9つある主要部門の中の「コンペティション部門」に、『半世界』と『愛がなんだ』という日本映画2作品が出品決定した。

芸能 シネマカフェ/最新ニュース/スクープ
『半世界』(C)2018「半世界」FILM PARTNERS
  • 『半世界』(C)2018「半世界」FILM PARTNERS
  • 『愛がなんだ』(C)2019映画「愛がなんだ」製作委員会
  • 『半世界』(C)2018「半世界」FILM PARTNERS
  • 岸井ゆきの/「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」初回試写会
  • 成田凌/『ニワトリ★スター』完成披露試写会舞台挨拶
10月25日(木)から開幕する「第31回東京国際映画祭」にて、9つある主要部門の中の「コンペティション部門」に、『半世界』と『愛がなんだ』という日本映画2作品が出品決定した。

■コンペティション部門――
映画祭の顔となる「コンペティション部門」。今年の東京国際映画祭「コンペティション部門」では、2018年1月以降に完成した長編映画を対象に、世界109の国と地域、そして応募作品1829本の中から、厳正な審査を経た16本の作品を期間中に上映する。

そんな「コンペティション部門」に出品が決定した2作品を紹介。

■稲垣吾郎主演『半世界』(2019年公開)
『エルネスト もう一人のゲバラ』『北のカナリアたち』などを手掛ける阪本順治監督が手掛ける『半世界』は、諦めるには早すぎて焦るには遅すぎる、40歳目前という年齢の男3人の視点を通じて、「人生半ばに差し掛かった時、残りの人生をどう生きるか」という、誰もが通るある地点の葛藤と、家族や友人との絆、そして新たな希望を描く完全オリジナルストーリーのヒューマンドラマだ。
《cinemacafe.net》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top