ベトナム国家主席が死去=権力序列2位―5月に訪日 | NewsCafe

ベトナム国家主席が死去=権力序列2位―5月に訪日

社会 時事通信社/NEW_POLECOINT/INTERNATIONAL
 【ハノイ時事】ベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席が21日、ハノイ市内の軍の病院で、病気のため死去した。61歳だった。国家主席は憲法上の元首で、共産党書記長に次ぐ権力序列2位。2016年4月に就任したが、昨年夏に約1カ月間、動静が途絶え、がんなどによる健康不安説が浮上していた。20日に体調が急変したとされる。 ベトナムは最高指導者グエン・フー・チョン書記長を中心とした集団指導体制が強固で、クアン氏の死去による政治的影響は小さいとみられる。 今年5月に国賓として日本を訪問し、安倍晋三首相との会談で日越友好関係の深化を確認した。天皇、皇后両陛下在任中では最後とみられる宮中晩さん会にも出席した。日ベトナム特別大使で長年、ベトナムへの支援活動を行っている俳優の杉良太郎さんらとも親しかった。 
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top