「悲報、土俵下の浦風親方が被弾」と視聴者騒然 谷川親方「ガッツリ踏まれてますね」 | NewsCafe

「悲報、土俵下の浦風親方が被弾」と視聴者騒然 谷川親方「ガッツリ踏まれてますね」

スポーツ AbemaTIMES/スポーツ
「悲報、土俵下の浦風親方が被弾」と視聴者騒然 谷川親方「ガッツリ踏まれてますね」

 20日に両国国技館で行われた大相撲秋場所十二日目、前頭二枚目・豊山(時津風)と前頭七枚目・栃煌山(春日野)の一番において、土俵下で審判員を務める元前頭・敷島の浦風親方を悲劇が襲った。


 立ち合いから栃煌山の素早い出足、さらに鋭い突っ張りに防戦一方の豊山は、力なく土俵下に押し出されて9敗目を喫した。


 この取り組みについてAbemaTVで解説を務めていた元関脇・北勝力の谷川親方は「右もいいところに入っているし、左もおっつけで入っている。いい当たり方をしましたね。相手をよく研究している証拠です」と栃煌山を称賛すると、取組とは異なる点に着目し、次のように話を続けた。


 「今、土俵下の浦風親方がとても痛そうにしています。おそらく足を踏まれたんでしょうね……」

 画面向こう正面に目を遣ると、体を左右に揺らしながら、苦悶の表情を浮かべる浦風親方の姿があった。スローVTRが流れると、土俵下に落ちる豊山を避けようと手を伸ばすも、避けきれなかった様子も確認できた。


 すると視聴者からは「悲報、土俵下の浦風親方が被弾」と、豊山の体重182kgの巨体を足で受け止めた浦風親方に対する同情の声が相次いだ。「これはガッツリ踏まれてますよね。痛いものは痛いですから、そりゃ痛い顔もしますよ」と話した谷川親方も、浦風親方を襲った悲劇に同情していた。

(C)AbemaTV


【無料視聴動画】<大相撲ダイジェスト 秋場所12日目>全幕内取組一挙に振り返り!

9/21 16:00~ 大相撲LIVE 秋場所十三日目(幕内前半)

9/21 17:20~ 大相撲LIVE 秋場所十三日目(幕内後半)

《AbemaTIMES》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top