警官刺殺、背中に切り傷=容疑者が不意を突き襲撃か―宮城県警 | NewsCafe

警官刺殺、背中に切り傷=容疑者が不意を突き襲撃か―宮城県警

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 仙台市宮城野区にある宮城県警仙台東署の交番で清野裕彰巡査長(33)=警部補に2階級特進=が刺殺された事件で、巡査長の背中に、包丁で切り付けられたとみられる傷が複数あったことが21日、捜査関係者への取材で分かった。 清野巡査長が腰に付けたケースに拳銃を取り出した形跡もなかった。県警は、別の警察官に撃たれて死亡した東北学院大3年の相沢悠太容疑者(21)が、拾得物届け出の手続き中、不意を突いて巡査長に襲いかかった可能性もあるとみて、調べている。 
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top