警察官殺害、容疑者は大学生=はさみ、カッターも所持―周到に計画か・宮城県警 | NewsCafe

警察官殺害、容疑者は大学生=はさみ、カッターも所持―周到に計画か・宮城県警

仙台市宮城野区の交番で、勤務中の清野裕彰巡査長(33)が男に刺殺された事件で、宮城県警は19日、巡査長を刺した後に巡査部長(47)の発砲を受けて死亡した男について、同区新田の大学生、相沢悠太容疑者(21)と発表した。県警は殺人容疑で相沢容疑者が交番を襲…

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 仙台市宮城野区の交番で、勤務中の清野裕彰巡査長(33)が男に刺殺された事件で、宮城県警は19日、巡査長を刺した後に巡査部長(47)の発砲を受けて死亡した男について、同区新田の大学生、相沢悠太容疑者(21)と発表した。県警は殺人容疑で相沢容疑者が交番を襲撃した動機や詳しい状況を調べており、容疑者死亡のまま書類送検する方針。 県警によると、相沢容疑者は19日午前4時ごろ、「現金を拾った」と交番を訪れた。所持していたウエストポーチには、ドライバーやはさみ、カッターが入っていた。凶器となったのは刃渡り約20センチの包丁で、モデルガンとみられる黒いマシンガンのようなものも持っていた。 交番を襲った際、黒の半袖シャツにジーンズ姿で、白いマスクをしていた。身元の特定につながる携帯電話や身分証などは所持しておらず、周到に襲撃を計画していた可能性もある。 交番に防犯カメラは設置されておらず、清野巡査長と相沢容疑者の間でどのようなやりとりがあったのかは分かっていない。2人は血まみれの状態で交番のカウンター内側に倒れており、県警は2人の遺体を司法解剖し、詳しい死因の特定を急ぐ。 県警は同日、公務中に殉職した清野巡査長を警部補に2階級特進させた。 
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top