サルの頭に矢、書類送検=男性「庭荒らされ」―滋賀県警 | NewsCafe

サルの頭に矢、書類送検=男性「庭荒らされ」―滋賀県警

滋賀県彦根市で6月、頭に矢の刺さった野生のサルが見つかった事件で、県警彦根署は19日までに、クロスボウ(洋弓銃)でサルを撃ったとして、鳥獣保護法違反容疑で市内の無職の男性(68)を書類送検した。「庭を荒らされ、追い払うために撃った」と容疑を認めていると…

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 滋賀県彦根市で6月、頭に矢の刺さった野生のサルが見つかった事件で、県警彦根署は19日までに、クロスボウ(洋弓銃)でサルを撃ったとして、鳥獣保護法違反容疑で市内の無職の男性(68)を書類送検した。「庭を荒らされ、追い払うために撃った」と容疑を認めているという。 捜査関係者によると、送検容疑は5月下旬、男性宅の庭にいたサルにクロスボウで矢を放ち、捕獲しようとした疑い。 サルは、約35センチの矢が頭を貫通した状態で見つかり、捕獲後に衰弱したため、県が安楽死させた。 
《時事通信社》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top