埼玉大・昭和女子でものづくりに挑戦、子ども研究員募集 | NewsCafe

埼玉大・昭和女子でものづくりに挑戦、子ども研究員募集

 埼玉大学STEM教育研究センターは、幼児から高校生の子ども研究員に約半年間ロボット・プログラミングを学ぶ場を提供する取組み「ロボットと未来研究会 第34期」を2018年10月より開始。子ども研究員募集にあたり、9月末より埼玉大学と昭和女子大学で無料体験会を開催する。

子育て・教育 リセマム/教育ICT/小学生
第33期の活動のようす
  • 第33期の活動のようす
  • 体験会のようす
  • 埼玉大学STEM教育研究センター
 埼玉大学STEM教育研究センターは、幼児から高校生の子ども研究員に約半年間ロボット・プログラミングを学ぶ場を提供する取組み「ロボットと未来研究会 第34期」を2018年10月より開始。子ども研究員募集にあたり、9月末より埼玉大学と昭和女子大学で無料体験会を開催する。

 「ロボットと未来研究会」は、STEM教育の実践研究を行う埼玉大学STEM教育研究センターが2002年に開始した取組み。教育学部の学生を中心に学内のものづくり系サークルと連携して実施しているアウトリーチ活動の1つで、ものづくりに興味を持つ子どもたちを子ども研究員として募り、約半年間にわたってロボット作りやプログラミングを学んでもらう。

 受講コースは、さまざまなロボットやプログラミングの使い方を学びながら基本的な問題解決の方法を学ぶ「入門コース」と、それぞれの研究員が自分の研究テーマを見つけて自分なりの方法とペースで学ぶ「研究コース」がある。活動は2018年10月から2019年3月まで全15回。
《荻田和子》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top