【MLB】“新速球王”ヒックスの「気持ち悪い」剛速球 161キロのシンカーが凄すぎる | NewsCafe

【MLB】“新速球王”ヒックスの「気持ち悪い」剛速球 161キロのシンカーが凄すぎる

スポーツ フルカウント
カージナルスのジョーダン・ヒックス【写真:Getty Images】
■外角に沈む161キロ、MLB公式ツイッターも思わず「気持ち悪い」

 メジャーの“新速球王”、カージナルスのジョーダン・ヒックス投手が18日(日本時間19日)の敵地ブレーブス戦でまたしても“驚異の一球”を披露した。大きく沈むシンカーが100マイル(約161キロ)を記録。MLB公式ツイッターも「気持ち悪い」と“絶賛”している。

 ヒックスは1点リードの7回に3番手で登板。先頭の左打者アビーレスを2球で追い込むと、3球目はシンカー。100マイルの剛速球は滑るように大きく変化して外角低めへ。アビーレスのバットはあっさりと空を切り、メジャー屈指の名捕手モリーナがしっかりと捕球した。

 今季デビューを飾ったヒックスは、メジャー最速の105.1マイル(約169.1キロ)をマーク。今季の球速ランキングでは、ベスト10のうち7つを記録している。しかも、その全てがシンカーで、大きく変化することもある。

 この試合はあっさりと3者凡退に抑え、24ホールド目。8-1での勝利に貢献した。(Full-Count編集部)
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top