時々できるあのしこり…「ガングリオン」ってなんだろう? | NewsCafe

時々できるあのしこり…「ガングリオン」ってなんだろう?

健康・生活 もこすく
時々できるあのしこり…「ガングリオン」ってなんだろう?
執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
手首などにできる不思議なしこり「ガングリオン」
名前は聞いたことがあっても、具体的に何なのか説明できる人は少ないのではないでしょうか。
健康に悪い兆候じゃないの? 放っておいても大丈夫?
そんな気になる方のためにも、今回はこの「ガングリオン」についてご説明していきましょう。

「ガングリオン」とは


日本整形外科学会のホームページ(※)によると、ガングリオンは“ゼリー状の物質が詰まった腫瘤”と解説されています。
腫瘤(しゅりゅう)とは一般的に、腫れ物やしこりのことを指します。
ガングリオンができやすい部位は手首の甲側です。
その他にも手首の手のひら側の親指側にある関節、手のひら側の指の付け根あたりにできるケースもあります。
しかしながら、ガングリオンができる部位は手に限りません。
実は身体のさまざまな場所にできる可能性があり、なかには神経や筋肉、骨などに生じることもあるといいます。
《Mocosuku》

特集

page top