ケチャップの保存方法は?賞味期限や容器の扱い方を知っておこう | NewsCafe

ケチャップの保存方法は?賞味期限や容器の扱い方を知っておこう

さまざまなメニューに活用できるケチャップ。使い勝手も良く、便利な調味料のため、常備している人も多いはず。ただし開封前や開封後の保存をしっかりしておかないと、風味などの変化が出てしまう。そこで今回は、賞味期限や保存方法などをまとめていきたい。

グルメ オリーブオイルをひとまわし
ケチャップの保存方法は?賞味期限や容器の扱い方を知っておこう
  • ケチャップの保存方法は?賞味期限や容器の扱い方を知っておこう

オリジナルサイトで読む >

ケチャップの保存方法は?賞味期限や容器の扱い方を知っておこう

さまざまなメニューに活用できるケチャップ。使い勝手も良く、便利な調味料のため、常備している人も多いはず。ただし開封前や開封後の保存をしっかりしておかないと、風味などの変化が出てしまう。そこで今回は、賞味期限や保存方法などをまとめていきたい。

1. 開封の有無で変化するケチャップの賞味期限

ケチャップは、悪くなっても色味などの変化があまりない調味料だ。このため、賞味期限や保存方法を気にする人は少ないのではないだろうか。正しい賞味期限が、どのぐらいなのかを紹介する。

未開封のケチャップの賞味期限は1年~1年半

ケチャップの賞味期限と一口に言っても、実は未開封と開封後では大きく違う。未開封のケチャップは、基本的に購入から約1年~1年半が賞味期限だ。製造メーカーによって賞味期限が前後するが、しっかり確認したい場合は容器にプリントされている日数を見るのがいいだろう。主に、ケチャップのキャップ部分に「未開封」や「開封前」と日付が表記されている。当然開封してしまうと、賞味期限も変化するので注意しよう。

開封後のケチャップは1か月の賞味期限

ケチャップを開封した後の賞味期限は、約一か月だ。これは、製造メーカーのHPなどでチェックできる。ケチャップの原料はトマトを中心としているが、砂糖や塩、野菜や香辛料や酢が含まれている。この中で保存料としての機能を果たしているのが、砂糖や酢、塩だ。とくに酢の保存効果は高く、開封後の風味を維持したり変色を防止するなど、1か月程度保つほどの作用を持っている。しかもケチャップは保存料や天然、合成添加物を、使用していないものが多い。開封した後も安心して使用できる調味料なのだ。

2. ケチャップの保存方法

ケチャップの賞味期限がわかったところで、保存方法にも触れてみよう。

未開封のケチャップは涼しい場所に保存する

賞味期限同様、ケチャップの保存方法は未開封と開封後で違う。未開封のケチャップは、スーパーで販売されているときと同じように「常温」の保存が正解。ただし 直射日光のあたらない、涼しい場所で保存すること。流し台の下部にある収納棚や、パントリーといった場所がおすすめだ。

開封後のケチャップは必ず冷蔵庫に保存

ケチャップは開封すると空気に触れることで、酸化による劣化が進む。このため冷蔵庫に保存するのがいいだろう。ただし、冷えすぎない状態がよいので、できるだけ冷蔵庫のドアポケットを活用するのがおすすめだ。開封したケチャップはメーカーでも公表している通り、1か月以内の消費が好ましい。大きいサイズを購入しても、1か月以内に使いきれそうもない場合は、小さなサイズを選んでおくのがよい。

キャップを下にした「逆さ保存」はNG!?

ケチャップの保存において、収納するときに、キャップを上にしておくか、下に向けて逆さにするかは、じつは大きなポイントだ。
《オリーブオイルをひとまわし編集部》

特集

page top