犬のCRPが高い!下がらない原因や病気、基準値まで | NewsCafe

犬のCRPが高い!下がらない原因や病気、基準値まで

動物 ワンちゃん本舗
犬のCRPが高い!下がらない原因や病気、基準値まで
犬のCRPとはC反応性たんぱく


犬のCRPとは、「C反応性たんぱく」の事を言います。犬が細菌感染などによって、血液濃度が短時間で変化するたんぱくを数値にして表したものです。


CRPは犬の体内のどこかで炎症が起こっているとCRPの数値が上がるため、検査方法としては血液検査が施されます。犬のCRPの基準値は、0から1となっています。このCRPの基準値を超えると、犬の体内で炎症が起こっているという事になります。


犬のCRP検査で軽度の場合は数値が1から5、中度の場合は数値が5から10、そして重症の場合は数値が10以上と規定されています。


犬のCRP数値は体内のどこかで炎症が起こっていると24時間から48時間程度で最も高くなり、CRPの数値が半減するまでは最大8時間掛かります。





犬のCRP値が高い原因
《わんちゃんホンポ》

特集

page top