飯盒にも種類があるのを知ってた?種類ごとの特徴 2ページ目 | NewsCafe

飯盒にも種類があるのを知ってた?種類ごとの特徴

グルメ オリーブオイルをひとまわし
飯盒にも種類があるのを知ってた?種類ごとの特徴
自分のキャンプスタイルに合わせて飯盒の種類を選びたい。

3. 飯盒以外でもごはんは炊ける?

実は飯盒でなくても米は炊けるため、飯盒はキャンプの必需品ではなくなってきつつある。どんなものが飯盒の代わりとなるのだろうか?

ライスクッカー

各アウトドアメーカーから発売されているのが、炊飯に特化したライスクッカーだ。厚みがある金属部分で保温力を高め、重たいふたで圧力をかけることができるので美味しいごはんを炊くことができるという。羽釜の形をしたものなどもあり、ごはんにこだわりたい人におすすめだ。

普通の鍋でも簡単に炊ける。沸騰して火力を少し落としたら15分、火から下して15分で失敗知らずだ。もちろんダッチオーブンや厚みのある鋳物ホーロー鍋で炊けばより美味しくなる。

空き缶

いざとなれば空き缶でもごはんが炊けてしまう!上部を缶切りで開け、浸水させた米と水を入れてアルミホイルできっちりふたをする。火にかけて吹きこぼれたら弱火、グツグツいわなくなったら火から下して蒸らす。これでできあがりだ。350ml缶で1合。災害時でも覚えておきたいテクニックだ。

でもやっぱり飯盒も

それでも飯盒を持っておきたい理由がある。1つがごはんは洗米・浸水と1番最初に調理に取りかかるメニューであり、食卓に上る最後まで1つの調理器具を占領しがちになる。そのためごはん専用の飯盒が便利なのだ。そしてもう1つが見逃せない圧力効果である。飯盒は中ぶたを使って炊飯すれば圧力鍋としての機能も持つ。普通の鍋を使うより高地などでも炊飯の失敗が少ないのだ。

結論

日本の飯盒は100年余りの歴史の中でごはんを炊くことに特化して進化してきた。元々軍で使っていたものなので薄く軽く作られており、ごはんを炊くには焦げ付きやすいという特徴もあるが、やっぱりキャンプでは飯盒を使ってごはんを炊きたい。キャンプをしているというテンションも上がるはずだ。

キャンプの醍醐味。炭火での米の炊き方投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部
監修者:
管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)
《オリーブオイルをひとまわし編集部》

特集

page top