飯盒にも種類があるのを知ってた?種類ごとの特徴 | NewsCafe

飯盒にも種類があるのを知ってた?種類ごとの特徴

グルメ オリーブオイルをひとまわし
飯盒にも種類があるのを知ってた?種類ごとの特徴

オリジナルサイトで読む >

飯盒にも種類があるのを知ってた?種類ごとの特徴

キャンプといって思い出すのが、テントと並んで飯盒だという人も多いのではないだろうか。真ん中がくぼんだそら豆型の飯盒は、日本ではキャンプのアイコンといえるほどだ。その飯盒、一般的にイメージするそら豆型以外の種類もあるのをご存じだろうか?ここでは飯盒の種類と特徴を紹介したい。

1. 飯盒ってどんなもの?

飯盒とは?

普段使うことのない「盒」という漢字は「さら」を意味し、「ふたのついた皿」を表している。つまり飯盒とは米を炊く調理器具であると同時に、ごはんを保存したり食べたりするための食器の役割も持つ「飯を炊くためのふたつき容器」という意味だ。

飯盒の歴史

元々は戦場で使われるものだった飯盒。20世紀以降に欧米の軍隊で食料を入れて携行したり、配給の食料をもらったりする際に使われていたようだ。明治維新後日本にも洋式の軍隊制度が導入され、飯盒も利用されるようになる。日本は米食であったため、飯盒は飯炊き用に特化されていった。現在でも陸上自衛隊では飯盒を携行品としており、一般にもアウトドア用の炊飯器具として浸透している。

飯盒のしくみ

飯盒は本体と外ふた、中ぶたの大きく3つのパーツに分けられる。日本の飯盒は米と水を正確に量る必要があったため、外ぶたと中ぶたは計量カップの役割をはたす。多くの飯盒は4合炊きで、中ぶたがすりきりいっぱいで米2合、外ぶたが3合を量れる。外ぶたで水を量れば2合分の水分量だ。欧米の飯盒は合数に合わせて米を炊く、という発想がないため日本の飯盒より小ぶりなものが多いようだ。中ぶたを取って炊飯すると説明される場合もあるが、中ぶたを活用してみそ汁や蒸し野菜などを炊飯と同時に調理することもできる。外ぶたに取っ手がついてフライパンにできるものもある。

2. 飯盒の種類による違い

「飯盒」といわれてイメージするそら豆型のものは「兵式飯盒」という。そのほかに円筒型の「丸形飯盒」、立方体の「角型飯盒」などの種類がある。それぞれどう違うのだろうか。

兵型飯盒

名前の通り、戦場で使われていたことに由来する飯盒だ。変わった形だがリュックサックや腰ベルトにくくりつけて携行するのに適した形になっている。形を合わせれば焚火上で無駄なく数多くの飯盒を並べることもできる。洗いにくい形であることが難点だ。

丸形飯盒

円筒型の飯盒は熱の周りがよく、むらなく炊けるという長所がある。置いたときにバランスがよく、通常の鍋と同様に使ったり洗ったりすることができるので、野外炊飯に慣れていない人でも使いやすいのが丸形飯盒だ。容量も大きく5合炊きのものもある。省スペースの収納には向かない。

角型飯盒

フランス軍が採用している角型飯盒。日本でも少ないながら取り扱いがある。収納しやすく小ぶりなものが多いのでソロキャンプなどに向いている。鍋としても使いやすいが、四隅に熱が伝わりにくい点は注意が必要だ。
《オリーブオイルをひとまわし編集部》

特集

page top