相田翔子、10年ぶりにWinkが一夜限りの復活「感覚が蘇り胸が熱くなりました」 | NewsCafe

相田翔子、10年ぶりにWinkが一夜限りの復活「感覚が蘇り胸が熱くなりました」

 歌手でタレントの相田翔子が、18日に自身のアメブロを更新。10年ぶりに鈴木早智子との2人組ユニット・Winkが一夜限りで復活したことを明かした。

芸能 AbemaTIMES/芸能
相田翔子、10年ぶりにWinkが一夜限りの復活「感覚が蘇り胸が熱くなりました」

 歌手でタレントの相田翔子が、18日に自身のアメブロを更新。10年ぶりに鈴木早智子との2人組ユニット・Winkが一夜限りで復活したことを明かした。

相田翔子公式ブログよりスクリーンショット


 その日はNHK総合・ラジオ第1で大型歌謡番組『第50回思い出のメロディー』が放送され、相田翔子と鈴木早智子による2人組ユニット・Winkが当時の貴重映像を紹介するとともに、『淋しい熱帯魚』『愛が止まらない ~Turn It Into Love~』を披露した。


 放送前に更新されたブログで、相田は「本日いよいよ放送です!!デビュー30周年 早智子と翔子 久々のWink復活です」と報告し、復活を喜んだ。


 また、今回の復活について「随分前から打ち合わせに参加させて頂き 当時のスタイリストの源香代子さんが今回の為にデザインして下さった 衣装の仮縫い段階から何度も合わせ 当時の振付師の香瑠鼓先生にダンスレッスンをして頂き 当日はやはり当時の伊藤五郎さんにヘアーを作って頂き 当時の氏家恵子さんにメイクをして頂きました」と、当時のメンバーが総出演で臨んだことを明かした。


 さらに、「リハーサルからかなり緊張していましたが 踊っている最中に早智子がそっとわたしの肩を叩いてくれました」と明かし、「昔と一緒 歌いながらも お互いの鼓動や熱や思いを感じるのです その感覚が蘇り胸が熱くなりました」と、2人でパフォーマンスできる喜びに感極まった様子だった。


 また、本番に関しては、「様々な思い出とその瞬間の幸せを噛み締めながら 応援して下さった皆様へ ありがとう!の思いを込めて 精一杯歌うことが出来ました」と明かし、「ふたりに最高のステージを用意して下さった皆様に 心から感謝しています」と感謝の言葉をつづった。


 ブログには本番前に準備をしている2人の写真が公開されており、ファンからは「復活おめでとうございます。」「Winkおかえりなさい」「ありがとうWink。大好きWink。」「本当に素敵なステージありがとうございました」などのコメントが100件以上寄せられている。

《AbemaTIMES》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top