『核の傘』日米原子力協定が「こっそり自動延長」された将来のリスクとは | NewsCafe

『核の傘』日米原子力協定が「こっそり自動延長」された将来のリスクとは

今年も広島と長崎では「原爆の日」に平和の祈りが捧げられた。 長崎の平和祈念式典には、国連の事務総長では初めてアントニオ・グテーレス氏が出席し、「核保有国は、核軍縮をリードする特別の責任がある」と核兵器の根絶を訴えた。 安倍首相は広島でスピーチを行ったもの…

社会 まいじつ/society
『核の傘』日米原子力協定が「こっそり自動延長」された将来のリスクとは

今年も広島と長崎では「原爆の日」に平和の祈りが捧げられた。


【関連】米トランプ政権の「マジで中国が嫌い」を伝えない日本のメディア ほか

長崎の平和祈念式典には、国連の事務総長では初めてアントニオ・グテーレス氏が出席し、「核保有国は、核軍縮をリードする特別の責任がある」と核兵器の根絶を訴えた。


安倍首相は広島でスピーチを行ったものの、昨年7月に国連で採択された核兵器禁止条約への言及はなく、ノーベル平和賞を受賞した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)にも一切触れなかった。そればかりか、式典後、被爆者7団体が核兵器禁止条約への署名・批准を求めたのに対し、安倍首相は「参加しない考えに変わりない」と拒否した。


核兵器禁止条約は、核兵器の開発・保有・使用などを法的に禁止する国際条約だが、「唯一の被爆国」である日本が参加しなかった理由は簡単だ。アメリカの「核の傘」に入っているからである。


《まいじつ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top