峯岸みなみ、激太りの“第二のまゆゆ”に説教「人のせいにする、ただの欲望」 | NewsCafe

峯岸みなみ、激太りの“第二のまゆゆ”に説教「人のせいにする、ただの欲望」

芸能 AbemaTIMES/エンタメ
峯岸みなみ、激太りの“第二のまゆゆ”に説教「人のせいにする、ただの欲望」

 豪華MC軍団がお送りする『イッテンモノ』のAbemaTVオリジナル『若イッテンモノ』の第2回が放送された。『イッテンモノ』はテレビ朝日系列地上波で毎週水曜深夜0時15分から放送中(※一部地域を除く)の「トークバラエティ&即興漫才」番組。今回のAbemaTV版『若イッテンモノ』では、お笑いコンビ・三四郎の2人をメインMCに迎え、ゲストに元AKB48の西野未姫が登場した。


 ゲストは、次世代を担う若手実力派漫才師5組のメンバーから2名を指名。選ばれた漫才師2人は、力を合わせて即興で漫才を作る。作成時間はわずか10分間。実力派たちがゲストのために一点物のオリジナル漫才を披露する。

 登場した芸人はニューヨーク、ペンギンズ、モグライダー、東京ホテイソン、四千頭身の5組。この中からゲストに選ばれる漫才師は2組。コンビの枠を超え、シャッフルで指名される。


 西野は静岡県出身の19歳。13歳の時にAKB48に研究生として加入した。その後5年間、AKB48として活躍するも激太りが話題になり、昨年3月に卒業。現在は事務所を移り、芸能活動を続けている。

 “第二のまゆゆ”と言われ、次世代のエースと期待されていたという西野。「みんなに天使と言われていた」と激太り前を振り返る。

 14歳のときは37kgだったが、17歳になると55kgと激太り。当時の写真を見た三四郎・小宮からは「本当に55kg?」と疑問の声が噴出。西野は「サバ読んでない。本当に55kg」と慌てて否定した。


【バラステ】若イッテンモノ
“第二のまゆゆ”だった元AKB48西野未姫 激太りし、ジムトレーナーからも見放される
【期間限定Abemaビデオが無料・2018年8月19日まで】
(※スマートフォンアプリ、FireTVStick、ChromeCastから視聴可能です)

 西野は「AKB48で食べ物のおいしさを知ってしまった。すごく推されていたけれど、徐々にバラエティ寄りになっていったら、ファンが減っていってしまった。悲しみで食べてしまった」と激太りの理由を明かす。そんな西野にニューヨーク・嶋佐からは「柴田理恵みたい」と手振りのうるささにツッコミが入った。


 西野は当時の食生活を「ココイチのカレーが大好きで生きがいだった。家から徒歩2分のところにココイチがあって、毎日駅からココイチに寄って、ビーフチーズカレーを食べていた。それからコンビニに寄ってアイスを2個買って、グミも買って。グミは家に着くまでに歩きながら食べていた」と振り返った。

 CoCo壱番屋に通う食生活で激太りした西野。「全力で踊っていたが、息切れするし、衣装も破れちゃった。最後の見送りでファンの前でパーンと服のホックが弾けたこともあった」という。


 当時はとにかく食べまくっていたといい「よくみんなでパーティーをしていた。夜10時くらいから集まって、朝まで延々食べたりしていた。焼肉屋さんでの前菜はカレーライス」と話すと、MCの三四郎・相田は「普通ナムルでしょ?」とツッコミ。なんと、焼肉屋ではカレーライスを3杯も平らげ、1日に3kgも体重が増えたこともあったという。

 ダイエットを始め「パーソナルジムに行っていた」と明かす西野。しかし、インストラクターにInstagramに投稿した食事風景の写真を見られてしまったといい「『もう来ないでください』と怒られた。Instagramの写真を見られちゃって、それを見て『食べただろ』みたいになった」と明かす。

(左:実際にInstagramに投稿した写真)


 西野が「クッキーを一緒に作るほど仲が良い」と話すメンバーは、AKB48の峯岸みなみ。峯岸は西野が食べると喜ぶという。西野は「私も食べないと申し訳ないというか。余っているものも『じゃあ食べまーす!』といって全部食べちゃう。(峯岸さんは)先輩なので断れないし、期待を裏切りたくない。みーちゃんのせいで太った!」と話し、峯岸みなみが自分を太らせたと証言した。

 西野の説を検証するため、番組では峯岸本人を直撃。峯岸は「AKB48の中でも1番可愛がっている後輩。卒業してからも多いときは週3で会うくらい仲がいい。フットワークが軽い。私の周りで1番ヒマ。すぐ来る」と西野との関係を説明する。

 では本当に峯岸が西野を太らせたのだろうか。峯岸は「ベースは本人の意志。無理やりではない。(西野は)『今日はいいか』と『明日からやる』しか言わない。『今日はいい』とスイッチが入るとメチャクチャ食べている」と明かした。

 さらに峯岸は「焼肉店で1番好きなカレーがある。入ってすぐに牛タンと一緒にカレー。焼肉もしっかり他の人と同じ量を食べる。『もうちょっと食べようかな』と言って中盤にまたカレー。シメにカレーをまた食べて、リゾットも食べてデザート。家帰ってからもピザを食べる」と、西野の驚きの食生活を暴露。「本人が食べなければいいだけなのに、人のせいにする」と指摘し、「ただの欲望」と辛辣に語った。


 そんな峯岸から届いた説教に、「私は今、ダイエットをすごい頑張っている」と話す西野。西野は昨日も峯岸と一緒にいたという。峯岸は「みきちゃんといっしょにアイス食べたかった。みきちゃんが食べないと本当につまらない」と言ってきたのだという。


 西野は「(峯岸さんは)私が食べているのを見て、自分も食べた気になってあんまり食べない。『みきちゃんと一緒に食べると食欲なくなる』って。けっきょく、私が太るみたいな感じ」と、峯岸のダイエット法として自分が使われている現実を明かし、「太るのは嫌!可愛くなりたい」と叫んだ。


 「アイドルの自覚は当時なかったのか?」と聞かれると、西野は「我慢できなかった」と振り返り、「15kg痩せていたときの衣装も着ないといけない。入るわけがない」と逆ギレ。衣装が入らないときは、「卒業したメンバーでちょっと太っていた人の衣装を借りていた」という西野。三四郎・小宮が「野呂さんかな?」と投げかけると、西野は「野呂さんの衣装を着るときは、太ったんだなと思う」と太った自覚が芽生える瞬間を明かした。

 自身が激太りした経緯を細かく説明した西野。果たしてどの芸人が即興漫才を披露することになるのか? さらに回答も“ヤング”すぎる爆笑大喜利コーナーも必見。結末はAbemaビデオをチェック(期間限定・2018年8月19日まで)


【バラステ】若イッテンモノ
“第二のまゆゆ”だった元AKB48西野未姫 激太りし、ジムトレーナーからも見放される
【期間限定Abemaビデオが無料・2018年8月19日まで】
(※スマートフォンアプリ、FireTVStick、ChromeCastから視聴可能です)


《AbemaTIMES》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top