東京五輪の猛暑対策「サマータイム」は無意味でむしろ害なだけ | NewsCafe

東京五輪の猛暑対策「サマータイム」は無意味でむしろ害なだけ

「サマータイム」とは、夏季だけ時間を繰り上げるという施策だ。2020年の東京五輪・パラリンピックの猛暑対策の一環として、全国一律で6月から8月の間、1〜2時間早めた夏時間で過ごすという案が自民党内で検討されている。 サマータイム導入が浮上してきた経緯は、7月に五…

社会 まいじつ/society
東京五輪の猛暑対策「サマータイム」は無意味でむしろ害なだけ

「サマータイム」とは、夏季だけ時間を繰り上げるという施策だ。2020年の東京五輪・パラリンピックの猛暑対策の一環として、全国一律で6月から8月の間、1~2時間早めた夏時間で過ごすという案が自民党内で検討されている。


【関連】東京五輪「暑さ対策」と「ボランティア」募集の中身がヒド過ぎる ほか

サマータイム導入が浮上してきた経緯は、7月に五輪組織委員会の森喜朗会長が安倍首相に導入を要請をしたことから始まる。森会長は競技日程を発表した際、「これまでにないほどの熱気にあふれた大会になると確信しています」と語ったが、今年の猛暑と同様に暑過ぎる中での大会になる懸念が強まり、有効な対策を打ち出すことを迫られた。


特にマラソンと自転車のロードレースが過酷だ。マラソンは朝7時スタートとしたが、それでも暑い。サマータイム導入となれば朝5時スタートで、多少の暑さ対策になるという狙いだ。自転車ロードレースは午前11時スタートが午前9時スタートになる。コースは東京・府中市をスタートし、山中湖を周回。その後、富士山麓まで駆け上がり、富士スピードウェイがゴールとなる難コース。対策は必須といえるだろう。


《まいじつ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top