【高校野球】下関国際が初のベスト8入り エース4番・鶴田、甲子園初安打が貴重な追加点 | NewsCafe

【高校野球】下関国際が初のベスト8入り エース4番・鶴田、甲子園初安打が貴重な追加点

■8回に右前タイムリーで貴重な追加点を叩き出す 第100回全国高等学校野球選手権記念大会第13日第3試合は、下関国際(山口)が木更津総合(東千葉)を4-1で破り、夏2回目の出場で初のベスト8入りを決めた。第2試合の横浜に続き、前評判の高かった首都圏の強豪校が相次いで…

スポーツ フルカウント
下関国際がベスト8に進出
■8回に右前タイムリーで貴重な追加点を叩き出す

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会第13日第3試合は、下関国際(山口)が木更津総合(東千葉)を4-1で破り、夏2回目の出場で初のベスト8入りを決めた。第2試合の横浜に続き、前評判の高かった首都圏の強豪校が相次いで3回戦で姿を消した。

 初戦は9回に追いついて延長戦で競り勝ち、2回戦では大会屈指の好投手、創志学園・西をこれまた9回に攻略し逆転。そしてこの試合では、東日本でも有数の実力校・木更津総合を破った。甲子園に来て試合を重ねる度に強くなってきた下関国際が、堂々のベスト8入りだ。

 2回、敵失に乗じて2点を先制すると、本塁打で1点を返されたものの、エース・鶴田が右打者へのスライダー、左打者へのツーシームを軸に、140キロ台の速球とスプリットを織り交ぜて粘りのピッチング。4回無死二、三塁、5回1死一、二塁、6回2死三塁、7回1死二塁、8回2死満塁と毎回得点圏に走者を背負いながら決定打を許さず、耐え抜いて勝利をつかみ取った。

 4番を打つ主軸でもある鶴田は8回。四球の走者を盗塁と送りバントで進めた1死三塁で右前に追加点となる適時打。甲子園10打席目で初ヒットと打点を記録した。

 木更津総合は、今大会初先発の背番号11・根本が7回を投げ、2点を失ったものの自責点0とよく粘ったが、2番手の1年生右腕・篠木がつかまり、決定的な追加点を与えた。2回に与えた先制点は、死球と2失策がからみ、安打は適時打1本のみで失ったもの。自慢の守りがほころび、自らのペースで試合を運べないまま敗れた。(Full-Count編集部)
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top