【野球U-15W杯】侍U-15代表、台湾に逆転勝ち 決勝打の齋藤「士気が上がる」と禁を破るヘッスラ | NewsCafe

【野球U-15W杯】侍U-15代表、台湾に逆転勝ち 決勝打の齋藤「士気が上がる」と禁を破るヘッスラ

■敗れれば決勝進出に黄信号が灯る中で貴重な勝利、スーパーラウンドは2勝1敗に パナマで開催されている野球の15歳以下の世界一を決める「第4回WBSC U-15ワールドカップ」のスーパーラウンドが16日(日本時間17日)始まり、日本は台湾に5-2で逆転勝ちを収めた。1-2で迎え…

スポーツ フルカウント
台湾戦で活躍した侍ジャパンU-15代表・齋藤広空【写真:Getty Images】
■敗れれば決勝進出に黄信号が灯る中で貴重な勝利、スーパーラウンドは2勝1敗に

 パナマで開催されている野球の15歳以下の世界一を決める「第4回WBSC U-15ワールドカップ」のスーパーラウンドが16日(日本時間17日)始まり、日本は台湾に5-2で逆転勝ちを収めた。1-2で迎えた6回に相手リリーフ陣を攻略し、一挙4得点。敗れれば決勝進出に黄信号が灯る中、齋藤広空内野手(京葉ボーイズ)の決勝打などで終盤に試合をひっくり返した。日本はオープニングラウンドの成績も加え、2勝1敗とした。

 鮮やかな逆転劇だった。6回、1死から左翼を守る4番池田陵真捕手(忠岡ボーイズ)が右前打を放ち、続く木本圭一内野手(静岡裾野リトルシニア)が四球を選ぶと、台湾ベンチは2番手右腕を諦め、3番手右腕にスイッチ。だが日本は続く代打城下拡捕手(串木野ドリームズ)も四球を選び、満塁とすると、坂玲哉捕手(湖南ボーイズ)が死球で同点に。さらに続く斎藤の遊ゴロの間に木本が勝ち越しのホームを踏み、齋藤は併殺打を避けるために一塁にヘッドスライディング。試合をひっくり返し、ベンチの盛り上がりも最高潮に達した。
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top