東京都、0-2歳児のシッター利用料を一部助成…1時間250円 | NewsCafe

東京都、0-2歳児のシッター利用料を一部助成…1時間250円

子育て・教育 リセマム/生活・健康/未就学児
東京都福祉保健局「ベビーシッター利用支援事業 参画事業者募集」
  • 東京都福祉保健局「ベビーシッター利用支援事業 参画事業者募集」
  • ベビーシッター利用支援事業の概要図
 東京都は2018年度より、待機児童対策として、ベビーシッター利用料の一部を助成する支援事業を行う。待機児童や育児休業満了者の子どもが保育所に入所するまでの間、都の認定を受けたシッターを1時間あたり250円(税込)で利用できる。運用開始は12月以降となる見込み。

 都が行う「ベビーシッター利用支援事業(ベビーシッター事業者連携型)」は、待機児童の保護者、または0歳児で保育所などへの入所申込みをせず、育児休業を1年間取得した後復職する保護者(育児休業満了者)を対象としたもの。区市町村が事業の利用を認めた0歳児から2歳児が保育所などに入所するまでの間、都の認定を受けた認可外のベビーシッター事業者を利用する場合の利用料の一部を助成する。

 利用上限時間は児童1人あたり1日8時間かつ月160時間。利用可能時間は、保育所の開所時間帯に準じ、後日、都が設定する。利用料は、1時間あたり2,160円(税込)を上限としてベビーシッター事業者が設定するが、利用者が実際に負担する額は1時間あたり250円(税込)。それ以外の利用料は公費で補う。
《黄金崎綾乃》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top