W杯6連覇狙う女子代表に侍J稲葉監督がエール「自分たちで歴史を刻むんだと」 | NewsCafe

W杯6連覇狙う女子代表に侍J稲葉監督がエール「自分たちで歴史を刻むんだと」

スポーツ フルカウント
侍ジャパン女子代表の選手たちとトップチームの稲葉監督【写真:石川加奈子】
■22日から始まるW杯に向け、15日に成田から出発

 第8回WBSC女子野球ワールドカップ(22~31日、米国フロリダ)で6連覇を目指す侍ジャパン女子代表が15日、成田空港を発った。

 出発前、侍ジャパントップチームの稲葉篤紀監督が成田空港を訪れ、女子代表20人ひとりひとりと握手を交わして激励。「みんなでいろんなことを話し合って、チームとして戦うことが大事。6連覇目指して頑張ってください」と力強く語った。

 稲葉監督自身、国際大会における連覇の難しさを経験している。選手として出場した09年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では2連覇に貢献したものの、13年大会では準決勝でプエルトリコに敗れた。

「続けて勝つということは正直すごく難しいこと。WBCでも全勝で勝ったことが今までない。どこかで危機というのは訪れるんです。そこでみんなで結束力というものを持って、乗り越えていくことが非常に大事だと思います。ここという時の結束力ですよね。そのために普段からみんなでコミュニケーションを取ってやることが大事だと思います。どれだけみんなが1つになって、大会への思い、気持ちを持ってやってやくのかによって、野球の神様は微笑んでくれるのかなと思います」
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top