【MLB】ドジャース-ジャイアンツ戦で大乱闘 “顔面パンチ”のプイグら2人が退場 | NewsCafe

【MLB】ドジャース-ジャイアンツ戦で大乱闘 “顔面パンチ”のプイグら2人が退場

■プイグの仕草から捕手ハンドリーと口論→乱闘に 14日(日本時間15日)に行われたドジャース-ジャイアンツの同地区ライバル対決で、両軍が入り乱れる大乱闘があった。 ジャイアンツの1点リードで迎えた7回。打席に入ったドジャースのプイグは、カウント1-1から左腕ワト…

スポーツ フルカウント
乱闘を起こしたドジャースのヤシエル・プイグ(中央左)【写真:Getty Images】
■プイグの仕草から捕手ハンドリーと口論→乱闘に

 14日(日本時間15日)に行われたドジャース-ジャイアンツの同地区ライバル対決で、両軍が入り乱れる大乱闘があった。

 ジャイアンツの1点リードで迎えた7回。打席に入ったドジャースのプイグは、カウント1-1から左腕ワトソンのチェンジアップにファウル。すると、悔しそうにバットを宙に浮かし、上から叩きつけるように右手でつかんだ。

 すると、この直後に捕手のハンドリーと口論に。両者が接近し、プイグがハンドリーの胸を突いた。両軍のベンチから選手が飛び出し揉み合いに。ドジャースのロンバルド一塁コーチがハンドリーを必死に抑えたものの、興奮したプイグは背中越しに詰め寄って右手でパンチ。ハンドリーとロンバルド一塁コーチはもつれるようにして倒れ込むなど、大乱闘に球場は騒然となった。

 この乱闘でプイグとハンドリーが退場処分となった。(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top