北朝鮮の高官が「交通事故」で次々と死んでいく理由 | NewsCafe

北朝鮮の高官が「交通事故」で次々と死んでいく理由

2003年10月26日、突然交通事故で死亡した金容淳(キム・ヨンスン)は、日本でもなじみ深い人物だ。1934年まれで、20歳で金日成総合大学の国際関係学科を卒業し、1980年に朝鮮労働党の韓国担当書記となって以降、事故死するまで対南交渉に当たった。 1998年に金剛(クムガン…

芸能 まいじつ/entertainment
北朝鮮の高官が「交通事故」で次々と死んでいく理由

2003年10月26日、突然交通事故で死亡した金容淳(キム・ヨンスン)は、日本でもなじみ深い人物だ。1934年まれで、20歳で金日成総合大学の国際関係学科を卒業し、1980年に朝鮮労働党の韓国担当書記となって以降、事故死するまで対南交渉に当たった。


【関連】うっかり金正恩のクルマを「追い越して」しまった北朝鮮国民の末路 ほか

1998年に金剛(クムガン)山観光開発で韓国からの協力を取り付け、00年の南北首脳会談における共同宣言署名の場にも登場した。


李哲奉(リ・チョルボン)は1980年代初頭から警察署長や都市経営相、鉄道省政治局長、江原道(カンウォンド)の党責任秘書を歴任したが、09年12月25日に交通事故死している。


李済剛(リ・ジェガン)は1930年生まれ。73年に朝鮮労働党中央委員会組織指導部に配属され、01年7月に同部の第1副部長(組織担当)になった。金正日総書記が事実上の部長だったためその片腕といわれた。


《まいじつ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top