今宵の宴席はどっち!?「懐石」と「会席」の違い分かってる? | NewsCafe

今宵の宴席はどっち!?「懐石」と「会席」の違い分かってる?

グルメ オリーブオイルをひとまわし
今宵の宴席はどっち!?「懐石」と「会席」の違い分かってる?

オリジナルサイトで読む >

今宵の宴席はどっち!?「懐石」と「会席」の違い分かってる?

責任あるポストに就くと、接待や食事をしながらの懇親ミーティングも多くなる。その際、よく使われるのが「カイセキ料理」だ。「懐石」と「会席」。漢字で書くと2つあって、意味も使い分けもイマイチよく分からない。ここでおさらいしてから堂々と会合へ赴こう。

1. 「懐石」料理は利休が祖!?

「懐石」を辞書で紐解くと、「茶の湯の席で濃茶をすすめる前に出す簡単な料理」と出てくる。このように、本来懐石料理とは、茶事や茶会の際、主催者側が客に出す料理「茶懐石」を指し、茶道の創始者である千利休が安土桃山時代に確立したという。
《オリーブオイルをひとまわし編集部》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top