大沢あかねは長澤まさみよりも人気だった? 子役出身で成功した5人の女性芸能人 | NewsCafe

大沢あかねは長澤まさみよりも人気だった? 子役出身で成功した5人の女性芸能人

芸能 まいじつ/entertainment
大沢あかねは長澤まさみよりも人気だった? 子役出身で成功した5人の女性芸能人

2009年から13年にかけて放送された『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』(NHK)で、“まいんちゃん”を演じていた福原遥が今年で20歳になる。


“まいんちゃん”として絶大な人気を誇り、“大きなお友達”を大量に獲得してきた福原。しかし、成長してからもそのルックスは崩れず、今や注目の若手美人女優の1人に。ネット上では福原の華麗な成長に対して、「これは育成成功ですな!」「まいんちゃんほど完璧に育った子もいないだろう」「まいんちゃんが見るたびに美人になっていて驚く」といった声が上がる。


福原のように子役から成功した芸能人は、他にどんな人がいるのだろうか。


現在放送中の連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK)でヒロインを務めている永野芽郁も、実は子役出身だ。小学校3年生のころに芸能界入りし、09年公開の映画『ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル』で女優デビューを果たした。


12年には佐藤健主演の実写映画『るろうに剣心』に出演。『半分、青い。』では、その佐藤が永野のお相手役を演じており、同作で6年ぶりに2人は共演を果たしたことになる。佐藤は久しぶりに会った永野に対して、「小学校のころから顔立ちがはっきりしている美人さんだった。変わってないですね」と感想を述べている。


《まいじつ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top